訪問地域:嬬恋村・長野原町・草津町 ほか 

訪問看護のお申し込み書(PDF)

絶景の浅間山を眺める!長野原町・浅間牧場遊歩道コース紹介

 
この記事を書いている人 - WRITER -
Avatar photo
群馬県嬬恋村にある訪問看護ステーションのぞみです。2015年7月に開業しました。訪問対象地域は嬬恋村・長野原町・草津町です。雄大な浅間山がある自然豊かなこの地域で「自分らしく生きたい」と願うご利用者の療養生活やそれを支えるご家族の支援を主治医の指示のもとで行っています。
詳しいプロフィールはこちら

こんにちは。

訪問看護ステーションのぞみです。(@houkan_nozomi)

 

嬬恋村のまわりに気軽に行けるウォーキングコースってあるの?周りの状況が落ち着いたらどこかに出かけてみたいんだけど…。できれば、景色がいいところがいいな〜。のぞみさん、おすすめのところがあれば教えて!

県内読者さん

そうなんです。

嬬恋村は出かけるときには車移動が必須。

 

なので、普段から散歩など運動をする習慣がないと、すぐに運動不足になってしまうんですが、かといって近くに遊歩道がないのも悩みの種です。

 

もちろん、嬬恋村でも住む地域によっては歩道はありますが、浅間山を見ながら気持ちよく安全に歩ける場所って、案外少ないかもしれません。

 

そこで今回、嬬恋村移住約10年の私が以前訪れたことのある、とっておきの散歩コースを紹介します。

 

【浅間牧場遊歩道】雄大な浅間山を眺めながら歩けるおすすめコース

今回紹介するのは嬬恋村の隣町、長野原町にある「浅間牧場遊歩道コース」です。

 

長野原町といっても、当ステーションがある嬬恋村鎌原地区から車で約15分ほど。

 

軽井沢方面から長野原町に車で向かって来ると、ちょうど北軽井沢の入り口あたりにあります。

 

浅間牧場は、夏にはたくさんの観光客が訪れる人気の場所でもあるんです。

 

浅間牧場とは?

浅間牧場(正式名称「浅間家畜育成牧場」)は、総面積798ha(東京ドーム170個分)の広大な牧場です。

 

古くは明治16年に馬の放牧場として開設され、昭和27年に県営の牧場となりました。

 

私が牧場に行くときはタイミングが悪いのか、放牧されている牛をみたことがなかったのですが、「見晴らしまきば」と言われる牧場のエリアでは、4月下旬〜11月上旬まで乳牛(約470頭)が放牧されているようです。

 

浅間牧場のFaceboook「群馬県浅間家畜育成牧場 Cowface」も開設されていて、牛の放牧の様子などがアップされています。

 

浅間牧場遊歩道コースはいろいろ選べる!

さて、浅間牧場には「浅間牧場遊歩道コース」があり、色々なウォーキングコースを楽しめるんですよ!

 

最近では「新遊歩道」として、牧場を1周(6.5km)できる歩道もでき(認定ガイド同行必要)、さらに牧場から少し足を延ばせば、軽井沢町にある白糸の滝までも歩くことができます。

 

遊歩道もいくつかコースがあり、体力や時間に応じたコースを選ぶことができるのも嬉しいところ。

 

今回は、浅間牧場周辺のウォーキング&ハイキングコースを以下の5つに分けて紹介したいと思います。

 

  1. 第1駐車場から「丘を越えて」歌碑までのコース
  2. 第1駐車場から第2駐車場までの周回コース
  3. 天丸山展望台コース
  4. 浅間牧場周回遊歩道コース
  5. 浅間牧場白糸の滝ハイキングコース

 

それぞれのコースの概要を見てみましょう!

 

1. 第1駐車場から「丘を越えて」歌碑までのコース

このコースは、長時間歩くのが苦手な方でも浅間山や浅間高原の絶景を眺められる「お手軽」コースです。

 

浅間牧場に来るとまず見える第1駐車場から、小高い丘の上にあるビューポイントまでは0.4km、片道6分ほどで到着します。

 

ビューポイント近くには、浅間牧場の風景を描いて詩が書かれた「丘を越えて」の歌碑もありますよ。

駐車場からは、舗装されていない道を少し登っていくため、ヒールやサンダルは避けた方がいいかもしれません。

 

途中急な坂もありますが、登りきって振り返ったときに見える浅間山と浅間高原の景色は最高ですよ!

 

丘の上には「あずまや」もあるので、雄大な浅間山を眺めながらお茶をするのもおすすめ。

 

ちなみに、紅葉の季節になると浅間高原の木々が鮮やかに色づいて、まるで高原に絨毯が敷きつめられたような風景が広がりますよ。

 

2. 第1駐車場から第2駐車場までの周回コース

次に紹介するのは、最初に紹介した場所からもう少し先に足を伸ばして浅間牧場の第2駐車場まで歩くコースです。

 

第1駐車場から第2駐車場までの距離は、約1.1km・片道15分となっています。

 

浅間牧場を眺めながら、森林を抜けると視界が開けた場所に第2駐車場と、浅間山が見えてきます。

 

道は未舗装ですが、比較的なだらかな道を登っていく感じです。

第2駐車場のまわりには、休憩ができる「あずまや」や無料休憩所、トイレもあるのでゆっくり休むことができますよ。

休憩所の中には、観光パンフレットも置かれ、机や椅子もあるので、気温が寒いときにはここで暖をとるのもいいかもしれません。

第2駐車場近くには、浅間山と牧場、そしてトラクターと一緒に写真が撮れるスポットもあるので、ここで撮った写真はSNS映え間違いなしですね。

ぜひお気に入りの1枚を撮ってくださいね!

 

3. 天丸山展望台コース

次に紹介するのは、「天丸山展望台」まで歩くコースです。

 

第2駐車場から浅間牧場を横切り、標高1343.8mの天丸山展望台を目指します。

 

第1駐車場からは2.6km、片道40分かかり、第2駐車場からは片道25分ほどかかりますが、道はほとんど舗装されているので歩きやすいですよ。

熊出没注意に看板が気になりますが、念のためと思われる方は「熊鈴」などを持参されると安心です。

 

天丸山遊歩道コースを歩いてみた

さて、まだ新型コロナが広がっていないときに、天丸山遊歩道を歩いてみました。

 

第1駐車場から第2駐車場までは車で5〜10分ほど。

 

第2駐車場には、できたばかりのトイレもあるので、準備をしてから天丸山展望台を目指します。

歩き始めは道路を歩いていましたが、途中から遊歩道が出現!

歩きやすい歩道が整備されているので、お子さんや年配の方でも安心して歩くことができるでしょう。

途中、後ろに見える浅間山をチラチラと見ながら進むと、牧場の近くに通りかかったときには、たくさんの牛に出会いました。

そうこうしているうちに、小高い山を発見!

どうやらここが天丸山展望台のようです。

傾斜はそれほどきつくはありません。

しかし、これを登りきると浅間山をどーんと目の前に見ることができます。

移住してからこれまで色々な場所で浅間山を眺めてきましたが、この天丸山から眺める浅間山が一番きれいかもしれないと思いました。

 

天丸山の山頂付近には、まだ咲いていませんでしたがレンゲツツジもあり、見頃の季節には「浅間山+レンゲツツジ」の美しい風景が堪能できるに違いありません。

天丸山からは浅間山だけでなく、四阿山や本白根山なども一望できるのも素晴らしいポイントです!

頂上のベンチに腰かけてしばし休憩をしてから、また歩き出しました。

それにしても浅間山、きれいですね。

 

展望台に登頂したあとは、あとで紹介する白糸の滝コースの入り口まで行きましたが、今回はそこまで。

 

気軽に歩けるコースではありますが、十分な水分や糖分などをお持ちになって歩くことをおすすめします。

 

4. 浅間牧場周回遊歩道コース

このコースは、2018年4月28日に新設された遊歩道コースです。

 

このコースができたことを、実は最近まで知りませんでした!

 

浅間牧場周回遊歩道コースは、3つの牛舎がある牧場をぐるりと一周(約6.5km)歩くことができます。

 

ただし!

このコースは、牛に対する防疫のため浅間山ジオパークガイドが同行でないと歩くことはできません。

牧場に緑が生茂る季節には、ぜひ一度歩いてみたいと思う方も多いでしょう。

 

ガイドが同行する「浅間牧場周回遊歩道ジオツアー」は、これまでゴールデンウィークや夏休みなどの期間限定で開催されているようです。

(午前・午後ともに2.5時間、ガイド料・保険代込 1人500円)

 

参加するには「海外から帰国して1週間が経過していること」など条件があるので、今後の開催予定など詳しくはこちら(浅間山北麓ジオパーク)を参考にしてくださいね!

 

5. 浅間牧場白糸の滝ハイキングコース

最後に紹介するのは、軽井沢町にある白糸の滝まで歩ける「浅間牧場白糸の滝ハイキングコース」です。

 

これまで紹介した遊歩道とはちょっと異なり、本格的なハイキングコースとなります。

 

どうやって行くのかというと、天丸山がある場所からしばらく牧場を横切って歩いていきます。

 

道の途中では、終始こんな広大な草原の中を浅間山を見ながら歩くことができますよ!

しばらく歩くと、これまでの道から左にそれる道があります。

 

こんな看板があり、このまままっすぐ歩くと先ほど紹介した浅間牧場周回遊歩道コースとなり、ガイド同伴でないと入れないエリアになります。

白糸の滝コースに入る前には、防疫のためのゲートがあります。

すぐに白糸の滝までの標識が見えますが、ここからは道の舗装もなく牧場の脇を歩道が続いていました。

 

ちなみに、白糸の滝までは、第1駐車場から6.7km、片道100分が目安になるとのこと。

舗装されていない道を標識をたどって歩くコースのようなので、きちんとハイキングの準備をして臨むことをおすすめします。(熊鈴の持参なども必要です。)

 

白糸の滝コースは、本格的にハイキングを楽しみたい方向けですね!

 

まとめ

嬬恋村のお隣、長野原町にある浅間牧場には、ウォーキングやハイキングに最適なコースがたくさんあります。

 

歩き慣れない人は近場のコースや第2駐車場まで車で行ってから歩くコースが負担も少なくおすすめです。

ただし気軽に歩けるからとはいえ、水分や必要な登山用品を携帯して、事故のないように注意してください。

 

そして、大切な自然や牛たちの牧場を守るためにも、ルールを守って楽しむことも大切です。

 

※追記

今年はまだオープンはしていませんでしたが、第1駐車場にあるお店「てんまる」さんのソフトクリームは濃厚で美味しいので、ぜひご賞味を!

 

浅間牧場遊歩道の詳細

住所:〒377-1412 群馬県吾妻郡長野原町北軽井沢2032-23

地図:

開場時間:昼間のみ一般開放、夜間入場禁止

入場料:無料

駐車場:第1駐車場 約30台、第2駐車場 18台(無料)

電話:0279-84-2074 FAX:0279-84-4344

県HP:https://www.pref.gunma.jp/07/p17700016.html

浅間牧場パンフレット:「清々しく雄大な世界!浅間牧場へようこそ」

関連HP

>>浅間山ジオパーク推進協議会

>>北軽井沢観光協会

 

訪問看護ステーションのぞみ

【※令和2年5月16日現在、群馬県では「社会経済活動再開のガイドライン」にて行動基準が「警戒度3」となっております。事前に最新情報を参考にしてください】

群馬県嬬恋村にある
訪問看護ステーション
のぞみは

24時間365日対応
訪問看護を行なっています。

【訪問看護対象地域】
嬬恋村・長野原町
草津町 ほか

訪問看護のお問合わせは
こちらから↓
電話FAX 0279−82−5388
月曜日〜土曜日 
8時30分〜17時30分

この記事を書いている人 - WRITER -
Avatar photo
群馬県嬬恋村にある訪問看護ステーションのぞみです。2015年7月に開業しました。訪問対象地域は嬬恋村・長野原町・草津町です。雄大な浅間山がある自然豊かなこの地域で「自分らしく生きたい」と願うご利用者の療養生活やそれを支えるご家族の支援を主治医の指示のもとで行っています。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

Copyright© 訪問看護ステーション のぞみ , 2020 All Rights Reserved.